ひまわり

ひまわりとは、赤道上空から大気や地表を観測する日本の気象衛星のこと。また、その愛称。「ひまわり」は一連の気象衛星の愛称となっており、地球大気観測計画(GARP)の一環として計画され、1977年7月14日に最初のひまわりが打ち上げられた。観測データにもどづいて画像を作成、配信する機能や、潮位データの中継機能、地震や津波の情報を伝達する機能などを備えるほか、火山の噴煙の様子も画像で伝達する。

ひまわりから送信される情報は国内の新聞、テレビなどの天気予報に利用されるほか、東アジア、オセアニア、大西洋の国々でも利用されており、地震、津波などの緊急を要する情報の送信にも用いられる。とりわけ、最新のMTSAT(Multi-functional Transport Satellite)シリーズは観測機器の精度が増し、夜間の霧まで観測できるようになったほか、航空管制機能も併せ持っている。1号から5号までがGMS(Geostationary Meteorological Satellite)シリーズ、6号、7号がMTSATシリーズとなっており、単一のシリーズというわけではない。

赤道上空からいつも地球を観測していること、気象に関係する衛星であること、そして、JAXAの最初の人工衛星に花の名前が使われたことから、愛称は太陽をイメージさせる花として「ひまわり」と名付けられた。

  • JR  【Japan Railways】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1004>  2012.10.12更新