ななつぼしインきゅうしゅう

ななつ星in九州 【 クルーズトレインななつ星in九州 】

ななつ星in九州とは、JR九州が運行する寝台観光列車のこと。正式名称は「クルーズトレインななつ星in九州」。2013年10月から運行が開始された。国内やアジア圏の富裕層をターゲットにした豪華観光列車である。

バーカウンターがあるラウンジカーのほか、ダイニングカーと5両の客室で編成される。客室は1車両を3部屋に分けたスイート、1車両を2部屋に分けたDXスイートの全14室。全室にトイレ、シャワーが備えられている。

「ななつ星」の名称は、九州の7つの県と、九州の観光素材である自然、食、温泉、歴史文化、パワースポット、人情、列車という7つの素材、そして7両編成の車両にちなんでいる。

1泊2日コースと3泊4日コースを週に1回ずつ運行する。1泊2日コースでは、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の5県を巡る。3泊4日コースでは福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本の5県を巡り、車中泊に加えて霧島温泉郷での宿泊も含まれる。いずれも博多駅が始発終着駅となっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1046>  2013.11.18更新