どっちーも

どっちーも

どっちーもとは、京王電鉄が2014年9月1日より販売する、新宿駅と渋谷駅のどちらでも乗り降り可能な定期券の愛称。通常の通勤定期券運賃に一定額を追加することで、定期区間外の新宿駅または渋谷駅での乗降が可能になる。

京王線または井の頭線の明大前駅以西の各駅から新宿駅、または渋谷駅へ向かう区間の定期券が対象。明大前駅から区間外の新宿駅または渋谷駅に向かったときに、「どっちーも」であれば運賃の支払いが発生しない。ただし、区間外の途中駅で下車した場合には、別途運賃が必要となる。会社帰りや休みの日に、いつもと違う駅で乗降することなどを想定している。

PASMOの通勤定期券のみで販売され、磁気定期券や通学定期券は対象外となる。追加金額は定期券の有効期間によって異なり、1か月が1,000円、3か月が2,850円、6か月が5,400円。

「どっちーも」という愛称は、Webサイトでの投票によって決定された。他の愛称候補には「プラスoneパス」「デュアルパス」「よりみち定期券」「2WAYパス」があった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1095>  2014.7.12更新