きたぐに 【 夜行急行きたぐに 】

きたぐにとは、大阪駅から新潟駅間で運行されていた夜行急行列車ののこと。日本で唯一、定期列車として583系電車で運行されていた。「きたぐに」に583系が導入されたのは、国鉄時代の1985年であり、1987年に誕生したJRグループ各社よりも長い歴史を誇っていた。

10両編成で、車内設備は2段寝台のA寝台、3段寝台のB寝台、グリーン車、普通車自由席となっており、車内販売は行われていない。運行線区は京都線、琵琶湖線、北陸線、信越線となっていた。なお、新潟行きの新津駅から新潟駅間は快速列車として運転されていたが、快速列車として乗車する場合は普通車自由席のみ利用できた。

2012年3月17日のダイヤ改正により、利用客の減少と老朽化を理由に廃止された。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<975>  2012.5.24更新