かぐや

かぐやSELENE Selenological and Egineering Explorer / 月周回衛星かぐや

かぐやとは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた月探査機の愛称。2007年9月に鹿児島県の種子島宇宙センターから発射され、2009年6月に観測運用を終えて月面に制御落下した。

寸法は縦2.1m、横2.1m、高さ4.8mとなっており、内部には月面を撮影するカメラや、電波で月の構造を調べるレーダーなどの観測機器を約15種類搭載していた。宇宙空間では、かぐやと分離した2機の人工子衛星「おきな」「おうな」とともに月の周囲を回りながら、月の磁場や月周辺の環境などの観測調査を約2年間行った。具体的には、月にレーザー光線を照射して跳ね返ってくるまでの時間を細かく計測し、月面の起伏を正確に観測することで月全体の地形図を作製したり、周回するかぐやの高度を計って、月に発生している重力場を調査した。かぐやが月の裏側にいる際には、月が障害物となるため、月の表側にいるおきなとおうなを中継して地上局に観測データを送信した。かぐやは観測機器だけでなく、ハイビジョンカメラも搭載しており、月周辺から地球を撮影した映像がテレビ局を通して公開された。

正式名称は「Selenological and Egineering Explorer(月学と工学の探査機)」となる。開発当時は、ギリシア神話に登場する月の女神にちなんで「SELENE(セレーネ)」という略称で呼ばれていた。打ち上げ前の一般公募によって、一番人気だった「かぐや」という愛称が付けられた。

/
/
<1170>  2015.5.13更新