えちごトキめきてつどう

えちごトキめき鉄道

えちごトキめき鉄道とは、2015年3月に北陸新幹線が金沢まで延伸開業するのに合わせ、新潟県内の在来平行線を引き継いで運営する第三セクターの鉄道会社。新潟県のほか、沿線の上越市、糸魚川市、妙高市などが出資している。北陸新幹線の延伸開業日と同日の2015年3月14日より開業する。

北陸新幹線が長野駅-金沢駅間で開業することに伴い、同区間を走る在来線では利用客が減少することが見込まれるため、JRから経営分離され、第三セクター方式などの地元による経営に移行する。えちごトキめき鉄道は、JR東日本が経営分離する信越本線の妙高高原駅-直江津駅間、JR西日本が経営分離する北陸本線の直江津駅-市振駅間を引き継ぎ、それぞれを「妙高はねうまライン」「日本海ひすいライン」として運行する。

「えちごトキめき鉄道」という社名は公募により決定され、「トキめき」には新潟県の県鳥であるトキの意味も込められている。マスコットキャラクターは、列車とトキが融合したキャラクターの「トキテツくん」。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1120>  2014.11.7更新