あかね

あかね 【 高速カーフェリーあかね 】

あかねとは、佐渡汽船が新潟県上越市と佐渡市の間で運航する高速カーフェリーのこと。「あかね」という名称は一般公募2,632件の中から選ばれ、日本海を染める夕暮れのあかね色や佐渡島に生息する朱鷺の群れなどをイメージしている。

上越市の直江津港-佐渡市の小木港間を片道1時間40分かけて、1日2往復する。全長約85m、総トン数約5,700トン、最大速力約30ノットの双胴船で、2隻の船を並列してつなぎ合わせたような形状をしている。2隻分の胴体で支えられているため安定性に優れ、一般的な船に比べて転覆しにくいことが特徴。船内には1等席と2等席のほか、小さな子どもが遊べるキッズルーム、防音防臭対策を施したペットルームが用意されている。最大定員は約700名、車両搭載台数は大型バス約7台と乗用車約90台。運賃は片道で大人3,910円、子ども1,970円から。自動車航送運賃は片道14,210円からとなる。

2015年4月19日、直江津港にて試乗会と一般公開が行われた。4月20日にも小木港で同様のイベントが実施され、翌21日より定期運航を開始している。

      <$Rel2>
      <$Rel3>
    /
    /
    <1184>  2015.7.1更新